プラグインでサイトマップを作ろう~htmlとxml

ブログをつくろう

サイトマップは2つある

サイトマップは、htmlとxmlの2つあり、どちらも大切である。htmlサイトマップは、サイトのメニューあたりにある「サイトマップはこちら」等と書かれている、サイトの内容を一覧にしたもので、サイトを見に来た人のためにある。

もうひとつのxmlサイトマップは、検索エンジンに対してサイトの内容を伝えるもので、SEO対策(検索エンジン最適化)として重要な位置を占めるものである。

どちらも自力でできるようであるが、ここは便利なwordpressのプラグインに頼ろう。まずはイメージが湧きやすく、作りやすいhtmlサイトマップから作ろう。

htmlサイトマップの作成

プラグインのインストール

日本人の作成による日本語の「PS Auto Sitemap」がオススメである。「ダッシュボード」の「プラグイン」から「新規追加」で、「PS Auto Sitemap」を検索し、「今すぐインストール」から「有効化」する。

固定ページの新規作成

「固定ページ」を「新規作成」する。題名は「サイトマップ」でいいだろう。そして、本文に

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

と入力する。

記事idの設定

ここで、一度固定ページを「公開」して保存し、アドレスバーなどで記事idを確認しよう。今作ったサイトマップの編集画面で、アドレスバーに表示されているpost=の後ろの数字である。

その記事idを、「PS Auto Sitemap」の設定画面の「サイトマップを表示する記事」に入力する。「変更を保存」するのを忘れずに。

デザインの変更

設定画面の「デザインの変更」からデザインを変更することもできる。沢山あるうちの「キューブ」にしてみた。

次回は、xmlサイトマップを作成しよう。

コメント