レンタルサーバーを契約して、ドメインを取得しよう

ブログをつくろう

レンタルサーバーの条件

前回までの記事で、「有料」か「無料」か、そして「はてな」か「wordpress」かの検討を行い、「有料」で「wordpress」にすることにした。

となると、まずはレンタルサーバーの契約が必要となるが、沢山の会社と多くのプランがあって、一体どれを選んだらいいのか迷うところである。

選ぶ際の検討材料となるのは、アップロードできる容量、アクセススピード、セキュリティなど、色々あるが、何を差し置いても最強最大の検討事項は「料金」に尽きる。

特に最初のうちは、容量や速度などは気にする必要はない。ぶっちゃけいらぬ心配で、そのあたりは本格的なブログとなり、PVも多くなってきてから考えればよい。

ただし、その時にサーバーを移転するのは大変らしいので、PVが増えてきた時に簡単に対応できるようなプランを選ぶ事が必要である。



初期費用と無料期間

「料金」については、次の点も確認する必要がある。ブログを始めた当初は、PVも少なく、大量のアクセスに耐えれるかどうかは気にする必要はなく、月額が1,000円を切るような安いプランで構わないが、安いからこそ初期費用が例えば3,000円もかかるようでは意味がない。

「ロリポップ!」などは初期費用キャンペーンをやっている事が多く、特定のサイトなどを経由すれば初費用が無料である場合もあり、先に調べておくのが良い。私も「ロリポップ!」に契約した時はキャンペーン期間中で初期費用は無料だった。

また、こちらも契約したことのある(現在も契約中)「まるっとプラン」は、そもそも初期費用がかからない。この2つはどちらも初心者(私もまだまだ初心者だが)にはオススメである。

また、大体のレンタルサーバー契約で採用されている無料期間も重要である。いくら検討して決めたものであっても、細かい部分の使い勝手などが合わない場合はあるため「お試し期間」は必ず必要で、長ければ長いほど良い。



オススメのサーバー

そして、今回オススメするのは「wpXクラウド」である。提供するのは「おすすめレンタルサーバー」で検索すればかなりの確率でトップに選ばれる「XSERVER」であるから、信頼性に全く問題はない。

その「wpXクラウド」は、「WordPress専用のサーバ」、「アクセスが増えた時のプラン変更が簡単」、「初期費用が無料で月額500円(税別)」などの特徴があり、wordpressでブログを始めてみようとする初心者にはもってこい、いやナンバーズワンにしてオンリーワンのプランである。

契約手続なども本当に簡単で、おおよそ流れどおりに進むはずである。この「wpXクラウド」で契約し「独自ドメイン」を使用し、さらには「https化」するまでの流れは、トツオ(iTotuo)さんの、こちらの記事が物凄くわかりやすいので、参考に。

この例では「Xwpクラウド」を通じて独自ドメインの取得をしたが、もちろん別途、取得したものを使う事も可能である。私の場合はすでに取得してあった独自ドメインを使用したが、XwpクラウドのWebマニュアルを見ながら簡単に設定できた。

これだけで、もう立派にあなただけのドメインによるブログが作成され、世界中の誰にでも見れる状態になっているから凄いことだ。次からは具体的な事を色々とやってみよう。しかし、まずは記事を書くこと。そこからである。



コメント