さくらももこさんを偲んで

さくらももこさんを偲んで

漫画家は短命といわれる

さくらももこさんが亡くなっていたという。53才はあまりに若い。まだまだこれからという時である。

漫画家は短命という。睡眠時間が短いこと、運動不足になりがちなこと、座りっぱなしになる姿勢などが原因などと一説には言われている。

さるパーティーで手塚治虫(「鉄腕アトム」「火の鳥」)、石ノ森章太郎(「サイボーグ009」「仮面ライダー」)の両巨匠が、これでもう2日寝てないとか、3日徹夜だとか、自慢半分自虐半分に話している。そこに水木しげる(「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」)がやってきて「眠っているだけ長生きするのです!」と言ったという話がツイッターで話題になったりもした。

一日10時間は寝ると言っていたその水木しげるは、93才まで生きた。そして、睡眠時間を削るしかないと言っていた手塚・石ノ森の両名が亡くなったのはともに60才。あまりに若い。

Advertisement

若くして亡くなった漫画家

さくらももこさんの場合はがんということで、漫画家が短命である話とはまた違うとは思うが、やはり多忙であったことが影響したのだろうかと思ってしまう。とにかく残念である。

他にも、赤塚不二夫(「おそ松くん 「天才バカボン」」)は72才、横山光輝(「三国志」「バビル2世」)は69才、藤子・F・不二雄(「パーマン」「ドラえもん」)は62才と若く亡くなっている者は多い。

大御所と言われるような多忙な漫画家以外にも、早世した者は多い。土田世紀(「編集王」「同じ月を見ている」)は43才(肝硬変)たかもちげん(「代打屋とトーゴー」「警察署長」)は51才(がん)など病気による場合だけではなく、登山中に滑落死した臼井義人(「クレヨンしんちゃん」)(51才)、大理石のテーブルの下の床を掃除し、一息つこうと頭を上げたところ頭を強く打ちつけ、脳内出血で亡くなった多田かおる(「いたずらなKiss」)(38才)、また、ちばあきお(「キャプテン」「プレイボール」)(41才)や犬丸りん(「おじゃる丸」)(48才)など自ら命を断った者もいる。

世界に誇る漫画文化

クリエイターという職業柄、仕方ないところもあるが、漫画やアニメに関わる人達の職場環境は、賃金は安く時間は削られ権利は貰えずプレッシャーは強いという話を良く聞く。

世界に誇る漫画文化に携わる人達の心と身体の健康を(そういうもんだろ)では済ましてほしくない。

Advertisement

長生きしている漫画家

一方、最近は水木しげるとまではいかなくとも、長生きしている漫画家も多い。また職業柄、著名な割に姿を見ることが少ないからか、年齢を聞いてびっくりすることも多い。

2018年現在の、存命している長寿漫画家は次のとおり。

「忍者ハットリ君」「怪物くん」 藤子不二雄A 83歳
「漂流教室」「まことちゃん」 楳図かずお 82歳
「ゴルゴ13」「サバイバル」 さいとう・たかを 81歳
「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」 松本零士 80歳
「あしたのジョー」「のたり松太郎」 ちばてつや 78歳
「ドカベン」「あぶさん」 水島新司 78歳

みなさま、まだまだ元気で頑張ってください。