wordpressで記事を書こう

wordpressで記事を書こう

どんな記事を書くのか

私の場合、このブログは簡単なブログを作成する方法の紹介に始まり、その後は基本的には雑記ブログにしようと思っている。

そして収益の点に関しては、既に審査に合格しているグーグルアドセンスによる広告収入と、アフィリエイトにも挑戦しようかと思っている。しかし、どちらにせよ、まずは記事を書くことが先決なので、とにかくは続ける事のできる内容にした方がよい。

アフィリエイトをするのであれば、例えば金融関係やクレジットカード、またダイエットや美容といった内容が良いというのが一般的に言われることであるが、それが自分の得意分野であればいいが、そうでないなら、まず続けるのは難しいので、自分の好きな事(私の場合、既に半年ほど続けている別のブログがあり、それは大好きな競馬に関するものである。)を書いていくことを強くオススメする。

Advertisement

記事を書いてみよう

では、wordpressで記事を書いてみよう。
ログインからダッシュボードの画面で、メニューバーの+(プラス)マークから「投稿」を選択。

これが投稿画面である。

まずは題名を入力しよう。グーグルアドセンスによる広告収入を見据え、検索される際の分かりやすさ、目に付きやすさから「具体的で人の目をひく」題名が良いされる。

私の場合は控えめに「ブログをはじめよう」としたが、「無料のwordpressと無料のテーマを使い、簡単に綺麗でスタイリッシュなブログをたったの1時間で開設しよう」とした方がいいらしい。

題名を入れ、しばらくすると、パーマリンクの編集画面が追加される。

このパーマリンクについては、また触れることにする。
まずは記事を作成してみよう。

「ビジュアル」「テキスト」のタグの違い

入力部分の上(パーマリンク編集部分の下)にある「ビジュアル」「テキスト」のタグは、本文入力部分の見え方の違いで、分かり易く見せるとこんな感じである。(私の別ブログから引用)
ビジュアル

テキスト

と、このとおり、ビジュアルは実際に表示される画面が編集画面となる。分かり易いが入力はしにくい。私は常にテキストを使用して、見た目はプレビューを利用している。

書き終われば、その下の「公開」編集画面で、右下の「公開」を押せばそのまま公開される。上の「下書きとして保存」する方法もあるが、「公開」しても構わない。まだ、誰も見ないから。グーグル検索で出てくるどころか、まだグーグルに認識さえされていないだろうから。

Advertisement

記事を書く際の留意点

記事であるが、グーグルアドセンスなどの収益の事を考えると「見てもらえること」と「検索上位にくること」を念頭にしなくてはいけない。もちろん、収益などいらない、ただ見てもらえればいいという場合も同じ事。見てもらうためには、その二つを意識して作成しなくてはいけない。

では、具体的にはどういう記事がよいのか。まずは「読者にとって有用であること」が必要である。一般人が書いた「映画を見た。楽しかった。すごかった。私の好きな○○が出てるし。キャー。」みたいな単なる感想文を誰が見るだろうか。

「映画を見た。実はこの映画、ちょい役で○○が出ている。なんと監督と貧乏時代からの知り合いで、20年前から約束してたらしい。」などという文なら多少は「へぇ~」となる。

次に「検索上位にくること」となると、先ほどの「有用であること」というのもグーグルは見ているらしいが、文字数も指標になっているようで、諸説はあるがやはり最低でも1,000文字は欲しいし、私は1,000文字は書くように意識している。

と言っている間にこの記事も1,000文字は優に越えている。長すぎるのも読む気を削ぐような気もするので、今日はここまで。