独自ドメインの設定をしよう

独自ドメインの設定をしよう

独自ドメインとは

ロリポップ!のレンタルサーバーを契約する際に、ドメインの設定をしたのを覚えているだろうか。こんな画面である。

ここに表示されている「http://wildside.oops.jp」が、サイトのURLであり「wildside.oops.jp」がドメインである。このドメインはサブドメインと呼ばれ、契約したロリポップ!が持っている「oops.jp」というドメインの一部を借りている状態である。

だいたい、名前からして「*****.***.**」と点(ピリオド)が2個あって本格的な感じがしない。やはりどうせなら「google.com」とか「apple.com」のように点(ピリオド)一つでバシッと決めたいものだ。

この「****.***」というドメイン名が独自ドメインといわれるもので、折角サイトを運営するなら独自ドメインが良い。なお、レンタルサーバー側が用意してくれるサブドメインと違い独自ドメインの取得には費用がかかる。

しかし、格好良いだけではなく、他にもメリットはあるので、是非とも独自ドメインの取得は検討してほしいので、独自ドメインのメリットを挙げておく。

Advertisement

独自ドメインのメリット

まずは、レンタルサーバーから借りているサブドメインと違い移行ができる。サーバーの容量や速度の問題などでレンタルサーバーを変更する際に、独自ドメインでない場合はドメイン名が変わるため、検索エンジンで上位に表示されていたとしても、またイチからやり直しである。この点は大きい。

ほかには、URLが短く覚えやすいなどのメリットもあるが、実のところ損得だけで言うと、資金に見合うメリットがあるとは言い難いところもある。やはり、世界で唯一の自分だけのドメインという誇りと、それを育てようというモチベーションになる点が最大のメリットだろう。

ちなみに、ロリポップ!を運営するGMOが、世界で6つしかない貴重な一文字ドメインのうち、z.comを8億円で取得したというニュースが2014年にあった。現在は、基本的には一文字ドメインは認められていないため、その制約のなかったころにつけられたものが残っており、希少価値が高くこうやって高値で取引されるらしい。

Advertisement

世界に6つしかない一文字ドメイン

ちなみにその6つとは、「z.com」「i.net」「q.net」「x.org」「q.com」「x.com」である。

私は既に「お名前.com」で取得した独自ドメインがあり、有料のはてなブログで使用していたが、契約更新しなかった(無料のはてなブログでは独自ドメインは使えない)ので、空いたそれを使ってやってみよう。

ドメイン名は「wildside.pw」である。ちなみに、1年目が200円位で、2年目から3,000円位だったような気がする。

独自ドメインの設定

ネームサーバーの設定

まずは、「お名前.com」でのネームサーバーの設定から。「お名前.com」にログインして、「ネームサーバーを設定する」

ドメインを選択して「その他」タグを開く

「その他のネームサーバーを使う」を選択し、ネームサーバー1に「uns01.lolipop.jp」、ネームサーバー2に「uns02.lolipop.jp」を入力する。

アップしたもの

この設定で「確認」「OK」して、ネームサーバーの設定は終了。

Advertisement

ロリポップ!の設定

次はロリポップ!側の設定。スマホ(私は基本的に全てスマホから設定している)の管理者ページには、独自ドメインの設定メニューがないので、ページ下部の「PC版に切替」をクリック。

このような表示になるので、「独自ドメインを設定」をクリック。

すると、このような画面になる。
設定する独自ドメインには「wildside.pw」を、そして公開フォルダには任意のフォルダ名(私は適当にwld)にした。
ここを空白にすると、変更前のドメインのフォルダと一緒になってしまい、ややこしいらしいので、必ず入力する事。
私は前記のとおり、wldにしたが「ドメイン名と同じ」にするのが良いらしい。(私のこの場合なら「wildside.pw」)
そして、入力が済んだら「独自ドメインをチェックする」をクリックする。

すると、表示が変わるので「設定」

wordpressの設定(次回へ持ち越し)

これでロリポップ!の設定は終了。最後にwordpressの設定をして全て終了である。

しかし、その前にやっておきたいことがあるので、それを先にしよう。今日はここまで。